お知らせ

写真の転用は硬くお断りしております。

  • 2018.12.04 12月の行事予定



    12月の行事予定


     3日 身体計測(0.1歳)
     4日 身体計測(2.3歳)
     5日 英語の日
     6日 身体計測(4.5歳)
     7日 体操の日
    10日 絵画の日
    12日 避難訓練
    14日 子育て支援
    15日 保育参観・クラス懇談
    17日 貸出図書
    20日 お誕生日会
    21日 もちつき
    25日 クリスマス会
    29日~1月3日 冬季休園


  • 2018.11.28 焼き芋大会



    今日は、焼き芋大会でした。

    みんなお芋を一本ずつ、濡らした新聞紙やアルミホイルで包んで準備しました。
    今年は、少しだけでしたが、園で採れたちびいもちゃんも加えます。

    「熱いね!」「煙がモクモクだね!」と、火の燃える様子に興奮する子どもたち。
    「おいしくなーれ!」と、ドキドキしながら自分のお芋を炭火の中に投入!
    上から落ち葉のお布団も掛けて、後はじっくり待ちます。

    ちょっと心配そうにお芋を見つめながら、給食・お昼寝に戻っていった子どもたちですが、
    お昼寝から起きると、じっくり焼かれた良い匂いと共にホカホカの焼き芋が出来ていて、
    それぞれおやつに頂きました。甘くておいしいお芋をみんなニコニコ笑顔で食べましたよ。

    めろん組さんは特別に園庭で頂きました。「先生!お芋がなんか弱くなってる!」と、
    ふわふわ柔らかくなったお芋を、幸せそうに握りしめる姿が可愛らしかったですよ。


  • 2018.11.27 人形劇観劇



    今日は、「クラルテ」さんが来てくださり、人形劇を観劇しました。「3びきのくま」「おにのおくりもの」の2本、お話をして下さいました。

    綺麗な楽器の音色や、優しい語り口調に、0歳児さんからとても集中して拍手したり身体を揺らしたりして楽しんでいました。
    人形の面白い動きや会話のやり取りに入り込み、会場のみんなで大笑いしたり、真剣な表情で食い入るように見たりとお話しの世界に浸って楽しみました。

    子育て支援の方の参加も多数あり、園の様子を知って頂く良い機会にもなりました。
    また、来年のお話も楽しみですね。


  • 2018.11.24 クリーンアップ作戦



    大阪市の清潔で美しい街づくりを進めるため、大阪マラソンとタイアップした、
    クリーンアップ作戦に5歳児が参加しました。

    毎日お散歩でお世話になっている、南通り公園の清掃をしました。
    秋が深まり美しく色付いた葉っぱがたくさん落ちていて、子どもたちは大喜びで拾い集めていました。ビニール袋をひとりで一杯にしようと黙々と集めたり、「みんなで協力しよう!」と、グループで協力して集めたりと色々な姿がありました。

    みんな「公園のお掃除のおじさんをびっくりさせたい!」「夕方までやろう!」と、意欲満々で掃除したので、最後にはすっきりと綺麗な公園になりましたよ。

    公園の管理をして下さっているおじさんに「きれいになったよ。ありがとう」と言ってもらい、誰かのために頑張ることや、人に喜んでもらって嬉しいという貴重な経験をした様子でした。保育園の中だけでなく、地域社会にも目を向ける良い機会になったと思います。



  • 2018.11.19 作品展示・秋祭り



    作品展と秋祭りを行いました。

    日々の生活の中で描いたものや、少しずつ先生やお友だちと協力して作った作品が遊戯室いっぱいにずらりと並びました。どれも子どもたちの個性がよく表れた生き生きした作品ばかりです。
    「見て見て!」と、自分の作品をお家の方に見てもらってとても嬉しそうでしたね。

    今年から、遊戯室が出来たので2歳児~5歳児さんが協力してお部屋を飾りました。

    テーマは「恐竜時代」です。
    同じ恐竜でも、めろん組さんは迫力満点の大きな恐竜を作りました。

    りんご組さんのカラフルな翼のある恐竜、みかん組さんの空き箱や廃材で作った恐竜、もも・ぶどう組さんは、自分の顔の写真を貼った可愛い赤ちゃん恐竜が出来上がりました。

    秋祭り当日は、わなげやヨーヨーつりなどのゲームを楽しみました。「がんばれ!」「すごいね」「お~っ!」と、楽しそうな声で賑わっていました。

    両手に自分で選んだ景品を抱え、「これにした!」と子どもたちも満足そうでしたね。
    お忙しい中、足を運んで下さりありがとうございました。


  • 2018.11.14 避難訓練(消防署立合い)


    毎月、火事や地震など、様々な想定で行っている避難訓練ですが、
    今月は、都島消防署の方が来てくださり、火事を想定した避難訓練を行いました。

    避難靴を履いたり、担任の先生のお話を聞いて慌てないで非常階段を通って避難したり、
    毎月の積み重ねで避難もスムーズになってきました。非常ベルの音に泣く子どもたちも
    随分減ってきましたよ。

    消防士さんから
    「お(さない)
    は(しらない)
    し(ゃべらない)
    も(どらない)」
    お約束の話を聞いたり、職員の消火器消化訓練など指導して頂きました。

    今回は特別に5歳児のめろん組さんも消火器に触れることが出来ましたよ。
    消防車を見せてもらったりと、子どもたちも興味深かったようです。



  • 2018.11.09 豚汁クッキング



    食欲の秋。
    今日の給食メニューは豚汁です。
    2歳児さんから5歳児まで、各クラスで協力して各食材を切ったり裂いたり、みんなで豚汁を作ります。


    手を器用に使ってマイタケをさく2歳児さん。
    3歳児さんは、こんにゃくと、白菜をさきます。
    4歳児さんは大根、5歳児さんは人参を包丁で切りました。

    クッキングが終わると、お気に入りのエプロンをお友だちに見せてお披露目です。
    「これは、ちんあなごっていうんだよ。」と、お話しが弾んでいました。


    みんなエプロンに三角巾をして、手をしっかり洗い、真剣な表情で頑張ってくれ、美味しい豚汁が出来上がりました。野菜たっぷりの豚汁は、体の芯から温まります。今日は、朝から雨も降って肌寒かったので、ホカホカとあったかい給食でした。



  • 2018.11.08 みかん狩りにいったよ!

    「明日、遠足やねん!」と、前日からみかん狩りを楽しみに降園していた、みかん・りんご・めろん組のお友だち。お迎えに来た保護者の方にも「お弁当持っていく!」と、すぐに報告し、期待で胸いっぱいの様子でした。

    今日は、お天気にも恵まれ、心地よい秋の風が爽やかな遠足日和になりました。
    大きなバスに乗り込むと、大興奮!ワイワイおしゃべりが弾みます。

    南楽園に付くと、たくさんのみかんに大喜び。
    「おいしそう」「どれにしようかな」「ここにもあった!」と、みかん狩りを楽しみました。
    中には10個以上食べたお友だちもいたようです。
    愛情たっぷりのお弁当を食べ、アスレチック遊び、散策など、自然の中で思いきり身体を動かして遊びました。

    保育園で待っている小さなお友だちにも、みかんのお土産がありました。
    楽しい遠足になって良かったですね。

  • 2018.11.06 秋の音楽会


    11月は楽しい行事が盛りだくさん!

    今日は、音楽会がありましたよ。

    ピアノとバイオリンのプロの先生が来てくださり、有名なクラッシック曲から園で普段歌っている歌まで様々なジャンルの音楽を演奏して下さいました。


    今回は1歳児クラスの小さいお友だちも参加。心地よい演奏の音色に、途中からウトウト保育士のお膝で眠ってしまう子どももいましたよ。

    2歳~5歳のお兄さんお姉さんたちは元気に歌ったり、歌絵本や音楽クイズに答えたりと積極的に音楽の世界を楽しんでいました。お泊り保育でめろん組さんが歌った歌もリクエストしていたので、前奏が始まると「やった!」と嬉しそうに歌っていました。


    ピアノは普段から親しみのある楽器ですが、バイオリンは初めて見る子どもも多かったようです。「バイオリンの弓が何の動物の毛で出来ているか?」のクイズに「ライオン!」と答える可愛い一面も見られました。正解を「馬のしっぽの毛」と教えてもらい、「そうなんだぁ~」と、楽しいお勉強の時間になりました。


    本格的なコンサート会場に入ることは難しい乳幼児にとって、生の楽器の音や、良い音楽に触れる機会はとても貴重です。子どもたちの音楽に対する興味も一層深まったことと思います。



  • 2018.11.02 不審者訓練を行いました!



    今日は、佐野機工の方に来て頂き、さすまたの使い方や防犯について研修をして頂きました。さすまたは、不審者対応のために民間から警備の現場まで幅広く使用されている防犯用品です。警察との共同開発で設計されているそうで、本格的で、色々な場面が想定されたものでした。


    もし、保育園に不審者が入ってしまった場合の対応を実践を含めて教えてもらい、さすまたなどの防犯用品を実際に使ってみました。さすまたで犯人をどうにかしようというよりは、少しでも時間を稼いだり、子どもたちから遠ざけるものだと知りました。


    不審者役を決めてお互いに練習したり、実際の場面を想定して子どもたちの誘導の仕方や、役割分担について意見を出し合ったりと、防犯意識をもう一度見直す良い機会になりました。